奈良県下市町で債務整理について知りたい方に朗報です。状況に応じた解決法を提案します

奈良県下市町で債務整理について知りたい方に朗報です。状況に応じた解決法を提案します

奈良県 下市町で債務整理

▼奈良県 下市町で借金問題でお悩みの方▼
>>ひとりで悩まず、まずはお気軽に無料相談を


奈良県,下市町,アストレックス司法書士事務所

債務整理の相談はアストレックス司法書士事務所

債務整理とは、借金の減額や免除したり、債務の支払いに猶予を持たせたりすることで、借金の返済に追われる生活を改め、経済的に生活を立て直すための手続きのことです。

債務整理の手続には、

①過払い金請求
任意整理
③個人再生
④自己破産
⑤特定調停
という5つの手続があります。

アストレックス司法書士事務所では、あなたの要望や経済状況をしっかりヒアリングしてくれるので、あなたにとって最適な借金解決方法を提案してくれます。

借金問題を誰にも知られずに解決したい‥。

個人再生や自己破産では、家族に内緒ですすめることは難しいことが多いので、まずは、家族や職場に内緒でやりやすい「任意整理」から一緒に考えていきましょう。
▼まずはメールで無料相談▼

>>24時間お問い合わせはコチラから

※個人再生・自己破産は近畿圏のみの対応です。



奈良県下市町の方から債務整理 借金についてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

日本政府はキャッシュレス化を推進していくらしいですが、 韓国はカー…

日本政府はキャッシュレス化を推進していくらしいですが、

韓国はカード破産者が急増してるそうです。 s://card-professorjp/korea-credit-card/



日本は同じ道を歩むつもりですか?



現金払いだからブレーキが効く買い物もあります、

また債務整理者やカード破産を増やすつもりですかねえ?

キャッシュレス化、現金払い、デビットカード、カード破産者、高年齢者、プリペイドカード、クレジットカードについてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

『債務整理』を考えていても、中々行動に移すことができない方が多いです。 まず、「難しそう」「恥ずかしい」「ダメ人間」など漠然としたマイナスイメージがあるのではないでしょうか? 私も債務整理を依頼する前は、そのようなネガティブなイメージを持っていて抵抗感を感じていました。 しかし、何も恥ずかしいことはないし、債務整理をしたからといってダメ人間でもありません。 債務整理は、国が定めた法律で、借金の返済が困難になった人を救済し、生活を改善することを目的とした制度なのです。 現在の生活状況に応じた制度を利用することは国民に与えられた権利です。

管理人はお買い物はこちらのサイトもよく利用しています
>>楽天で探す

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この債務整理 借金に関する質問に対する回答

キャッシュレス化とクレジットカードは違います。



それと日本はクレジットカード利用率が低いと言われていますが

カード所有率やブラックカード所有率は、世界でも上位です。



アメリカではクレジットカード社会でしたが

借りまくる、家や自動車を低所得者でも買いまくったので

クレジットカード破綻が起き、カード社会破綻が起こりました。

しかし、社会はクレジットカードを利用する前提となっているところが多く、スーパーとかでもクレジットカード利用なので

「クレジットカード禁止」にしてしまうと、利用が減ってしまいます。

その為にできたのが、銀行口座と直結して引き落としがされる「デビットカード」です。



中国の場合、信用情報という管理がしっかりできていないので、クレジットカード自体を作れる人が少ないです。

その為にクレジットカードが作れない人のために、銀狼カードやQコード決済ができました。



韓国はアメリカの一途をたどっており、カードほ作る=借りまくれるので

破綻しまくっているという形です。





日本は、借金を嫌い、現金主義なのは

上のような形になるのを嫌っているからです。

上のように元々クレジットカードを利用する人は少ないけど、所有自体は多く、あくまで計画的な人が多いということです。



現在計画されているのはクレジットカードだけではなく

上限がある電子マネーや、上のような銀行口座と直結しているデビットカードも含んだもので、さらにスマホ決済のことです。

キャッシュレス化=クレジットカードではありません。

選択は複数あります。



ただし現金が多く流通していると、現金を発行しないといけない

現金の流通をされないといけないので、わざわざATMで降ろして、それを使って、そしてATMを使っての繰り返しで無駄です。

また盗難もおこりやすくなりますが、日本では犯罪率は低いです。

しかし現在、高年齢者への振り込め先、オレオレ詐欺が横行しているのも現実です。



キャッシュレス化すると「現金を利用する」という部分がなくなる

データだけのやりとりが増えるので、お店等の利益は増えます。

また現金による盗難も減ります。



キャッシュレス化するとそれを狙った詐欺がでるのではないかということですが

それは現金であっても現在同じことが言えるので、その部分は「いたちごっこ」と言えます。

ただキャッシュレス化する=データ化するということなので、その行方とかは新しい方式の方が辿れる可能性が高くなる為、犯罪は減る可能性はありますが、それはどれもやってみないことには代わりありません。



スウェーデンは現在ほぼキャッシュレス化されており、支払いはスマホです。

現金お断りの店も多いです。

これは元々ATMも多くは無かった、またアメリカもそうですがATM自体が信頼性が低い(ヨゴレていたり破損していたりスキミングされていたり)とかだった理由でキャッシュレス化したという理由があります。



ところが日本はこまめでありATMは多いし、メンテナンスもしっかりされている

現金でのやりとりも他の国に比べて安全である

支払い方法がたくさんあるという利便性が多いからこそ、キャッシュレス化が進まないという現状があります。

それと核家族化、高年齢化の問題もあります。

西洋の多くは、高年齢者でもスマホとかタブレット、キャッシュレス利用というのは当然のように使われている傾向がありますが、日本の場合は「難しい」「やり方がわからない」という形で進んでいません。

逆にいうと、その核家族の影響で高年齢者が犯罪者に狙われています。

しかし海外で言わせると、孫がおじいちゃんおばあちゃんにiPhoneやiPadをプレゼントするというのは一般的であり、それを子どもたちや孫たちがしっかりと教えているという状態があります。

しかし日本だと核家族化で、老人が夫婦だけ一人だけの住まいというのが多く、子どもや孫の交流がどんどん減っているので「教える立場の人がいない」ということで、高年齢者のキャッシュレス化、犯罪に巻き込まれるケースが多いのです。

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

この他にもいろいろな考え方や意見もあると思います。

当サイトでは、借金問題で苦しんでいる方々に「債務整理」を選択する勇気を持って頂き、今後の生活状況改善の役立つ情報を提供していきたいと思っております。
あなたが新しい明日へ一歩踏み出せるお手伝いができれば幸いです。

▼まずはメールで無料相談▼

>>お気軽にメールしてみて下さい

ほかにも、楽天市場でも役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

債務整理 借金に詳しい管理人からの補足コメント




◆実際問題として、経済全体の消費と所得は必ず同額になるので、消費を増やしたいなら借金するしかありません。

例えば、経済全体で1兆円の消費と1兆円の所得が存在するとして、次の消費も1兆円の所得からしか行わないなら、経済は永遠に1兆円の上限を抜け出せないでしょう。

逆に所得の中から貯蓄が発生するため、消費は必ず減少していきます。



このため経済全体では「所得以上の消費(借金)」が必要で、これが無ければ経済成長は出来ない事になります。

実際に経済統計を見ても、負債増加率が高いほど経済成長率も高いとわかります

以下は2000年以降の日米欧における負債推移を抜粋したものです。



日本

政府負債 2000年:695兆9994億円→2017年:1289兆1498億円(増加率852%)

民間負債 2000年:1799兆3827億円→2017年:2267兆7417億円(増加率260%)

年平均経済成長率021%



米国

政府負債 2000年:734兆0405億円→2017年:2741兆7637億円(増加率2735%)

民間負債 2000年:4066兆4196億円→2017年:9004兆8482億円(増加率1214%)

年平均経済成長率384%



欧州(ユーロ加盟国合計)

政府負債 2000年:774兆0212億円→2017年:1730兆4696億円(増加率1235%)

民間負債 2000年:2989兆6936億円→2017年:5769兆9157億円(増加率929%)

年平均経済成長率275%



※政府は地方自治体を含む

出典:中央銀行資金循環統計



「借金できる信用を高めるのが経済成長」と定義できますが、日本は負債増加率が低いので経済が低迷しました。

何処の国でも「誰が借金を増やすか」は頭を悩ませている問題ですが、日本は政府も民間も借金を増やさないので、これでは永遠に経済成長しません。



ただ借金の安全度で言うと政府が一番だと思われます。



政府が1兆円の借金をして支出すれば、経済では必ず誰かが1兆円を所得にするので、国民から強制的に徴税できる政府は圧倒的な信用があります。

基本的に政府は「徴税の範囲外(外国)にお金が流出する」という状況でしか破綻しようがないので、政府財政が幾ら赤字でも、外国へお金を払い続けなければ破綻しません。

一方で民間は自らの借金が他人の所得になっても、事業に失敗すればお金を回収できないので破綻します。

だから何処の国でも政府の負債増加率が非常に高いのですが、日本は民間が異常に借金を嫌い、それを政府にも求めるので、誰も借金しない不況を続けました。



と言う事は、政府はどうにかして民間に借金させる政策をするしかなく、今回の件を別にしても全体としては常にそれを考えているでしょう。





◆キャッシュレス=クレジットではないです。



交通系ICカード、デビットカード、プリペイドカード、QRコードでも、キャッシュレスは可能です。





◆韓国がキャッシュレスを歩み始めた頃と、今では世の中を取り巻く状況も異なりますので、一概にも言えないのかなと。



PFM系のサービスも充実してきましたし、一昔前に比べればWeb明細の普及と明細反映までの時間はかなり短縮れてきていますので、月一の明細で「グハッ!」となることを防止する手立ては充実してきているのではないかと。



あとは、これらのサービスを利用するかどうかという点と、そもそも自分の資産管理能力がいかほどかが問われます。



結局は、個人の自己管理能力の問題であって、キャッシュレス文明そのものの汚点ではないという認識です。



もし、不安であればプリペイドカードやデビットカードを使うという手もあるので、カード破産に至るケースは十分防止可能と思います。



また、そもそもの話、現金を廃止しようという事ではなくて「キャッシュレス決済がどこでも使えるように、全国津々浦々に広めていきましょう」という意図の方が大きいので、どうしても嫌だという人は引き続き現金を使う選択肢は残されるのではないかと…



現金が消えるのは、はるか遠い未来の話です。





◆キャッシュレス=借金利用ではありませんし、日本は過剰与信禁止の法律があるので、現状カード破産するほど使いまくるのは難しいですね。



大体、韓国でそれが問題になったのはかなり前の話です。



nankaiearthquakeさん


任意整理とは、裁判所を通さず、債権者との交渉により借金の減額や将来利息をカットする手続きのことです。
ほとんどのケースで家族に内緒で手続きをすすめることができます。
毎月の返済額を抑えることで、無理のない範囲で返済を続けることができるメリットがあります。まずは、任意整理から考えていきましょう。
こちらのサイトも参考にしてください。

>>アストレックス司法書士事務所
>>楽天市場


奈良県下市町にお住まいで借金問題で困っていませんか?
生活やお金などに関する相談は下市町役所(役場)でも関連窓口があるので一度ご相談してみてはいかがですか?

下市町の自治体の相談窓口

役場/役所名 下市町役所(役場)
読み方 ひらがな:しもいちちょうやくしょ(やくば)
カタカナ:シモイチチョウヤクショ(ヤクバ)
ローマ字:shimoichichoyakusho(yakuba)
住所 〒638-8510
奈良県吉野郡下市町大字下市1960
ひらがな:ならけんよしのぐんしもいちちょうおおあざしもいち1960
カタカナ:ナラケンヨシノグンシモイチチョウオオアザシモイチ1960
ローマ字:narakenyoshinogunshimoichichooazashimoichi1960
電話番号 0747-52-0001
エリア 関西 > 奈良県 > 下市町
地図
HP

奈良県 下市町で任意整理

>>【無料】まずは司法書士にご相談はコチラから

▼アストレックス司法書士事務所▼

>>アストレックス司法書士事務所



アストレックス司法書士事務所 債務整理 > 奈良県 > 奈良県下市町で債務整理について知りたい方に朗報です。状況に応じた解決法を提案します

※下市町役所(役場)の情報は私がiタウンページなどで調査した時点のものです。(2016.10月現在)御覧頂いている時点で内容に変更があることもありますので、最終的にはご自身でご確認ください。下市町役所(役場)とアストレックス司法書士事務所とは一切関係がありません。お借入は計画的にお願いします