茨城県高萩市で借金返済の目処が立たない方に朗報です。ひとりで悩まず、気軽に無料相談すべきです

茨城県高萩市で借金返済の目処が立たない方に朗報です。ひとりで悩まず、気軽に無料相談すべきです

茨城県 高萩市で債務整理

▼茨城県 高萩市で借金問題でお悩みの方▼
>>ひとりで悩まず、まずはお気軽に無料相談を


茨城県,高萩市,アストレックス司法書士事務所

債務整理の相談はアストレックス司法書士事務所

債務整理とは、借金の減額や免除したり、債務の支払いに猶予を持たせたりすることで、借金の返済に追われる生活を改め、経済的に生活を立て直すための手続きのことです。

債務整理の手続には、

①過払い金請求
任意整理
③個人再生
④自己破産
⑤特定調停
という5つの手続があります。

アストレックス司法書士事務所では、あなたの要望や経済状況をしっかりヒアリングしてくれるので、あなたにとって最適な借金解決方法を提案してくれます。

借金問題を誰にも知られずに解決したい‥。

個人再生や自己破産では、家族に内緒ですすめることは難しいことが多いので、まずは、家族や職場に内緒でやりやすい「任意整理」から一緒に考えていきましょう。
▼まずはメールで無料相談▼

>>24時間お問い合わせはコチラから

※個人再生・自己破産は近畿圏のみの対応です。



茨城県高萩市の方から任意整理についてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

「少なくとも学校教育課程に絡むPTA活動は すべての児童が対象にな…

「少なくとも学校教育課程に絡むPTA活動は すべての児童が対象にならざるを得ない」と分かっている人、回答ください。



(「学校教育課程に絡むPTA活動でも 非会員の子は対象外。 それが当然だ」と思ってる人は回答しないで下さい。)



PTA入退会自由(非加入という選択が可能であること)に反対、全員強制加入であるべきだ との考えを持つ、ある人の言葉です。



>PTA活動の中には、非加入の子だけ外すって難しいことが多いです。

>ミシンや彫刻刀、昔遊び、町探検の授業での見守り、引率のお手伝い、校内の大掃除、草むしり、花の苗を植える、下校時のパトロール、自治会や市町村主催の祭りのパトロール、パトロールしてくださる自治会の方々へのお礼、ベルマークの集計して学校で設備を充実させたり備品を買う、運動会、入学式での自転車整理や来校者受付、などなど。

>会費で買うものも、体育館の暗幕とか、学校通ってたら必ず恩恵にあずかるものです。

>加入してないと体育館で暗幕引くときはお前来るな、とかお前が歩く場所だけ美化しないぞ、とかできないです。

>参加しない子でも入学式、町探検や昔遊びの授業は出る権利があるため、自然と恩恵被るのです。

>なので、私的には「加入しない」選択があるのは理不尽と思います。



私の子が通う公立小学校にもPTAがありますが

「ミシンや彫刻刀、昔遊び、町探検の授業での見守り、引率のお手伝い、花の苗を植える」というPTA活動はありませんし、そんな活動は不要だとも思います。



「校内の大掃除、草むしり、下校時のパトロール、自治会や市町村主催の祭りのパトロール、ベルマークの集計して学校で設備を充実させたり備品を買う、運動会での自転車整理や来校者受付」というPTA活動はありますが、これも別に無くても困りません。



・大掃除,草むしり,備品購入は公費負担であるべきですが、予算不足なら 学校の掃除が行き届いていなくても、草がボーボーでも、備品が粗末でも仕方ない。

・効果のほどが不明な通学見守りや 校区内パトロールも、なくてもよい。

・運動会での自転車整理 ⇒ 保護者には徒歩で来させる。それが無理なら、運動会は平日に地味に行い、保護者に観覧させなければよい。

・入学式の来校者(=新入生と その保護者)受付は、うちの学校では高学年の子がやってる。

・もしかしたら来校者とは来賓のことで、摂待も必要? ⇒ 教師や用務員さんに接待する余裕がないなら、来賓を呼ばなければよい。



このように私は思っていますが、

「PTAは、金銭的にも物理的にも学校運営への協力という形で活動しているから、どうしても全ての児童が恩恵を受けてしまう。だから全ての保護者が加入すべき。必然的に自分の子が恩恵を受けることになるのに、非加入だなんて図々しい」という人は、



・自分の子には、きれいな学校で学ばせてあげたい。備品も充実した教育環境でなければ嫌だ。

・子供だけで通学させるなんて不安。大人たちが見守ってくれなきゃ困る。

・安全な環境で生活したいからパトロールも必要だ。(パトロールの効果は大きいはずだ)

・運動会は絶対に行きたい! 我が子の頑張る姿を観たいのに、観覧不可なんて嫌!!

・市会議員さんたちには是非、来賓として学校行事に来てもらい、子供たちの晴れ姿を見てもらいたい。



このような願望を持っており、



だから自分はPTAに入って会費を払うし、当たれば役員だって引き受ける。



もしPTA加入が任意となれば、会員が少なくなり、金銭的にも物理的にも、今まで通りに活動できなくなってしまうかもしれない。



そうなると、我が子の教育環境が粗末になるしだろうし、我が子の安全も危うくなりそうだから嫌だ。



だから私だけでなく、他の保護者たちにも加入してもらい、私と同じように会費を払って活動してもらわなきゃ困る。



そして 「体育館で(PTA会費で購入した)暗幕引くとき、PTA入ってない人の子は来るな」とか

「PTA入ってない人の子が歩く場所だけ美化しないぞ」なんてことは不可能だから、どうしても全ての児童がPTA活動の恩恵を受けてしまう。



それなのに、PTAに入ってない人がいるなんて納得できない!

すべての児童が恩恵を受けるんだから、すべての親が負担すべきだ!

PTAに入らない=自分の子が受ける恩恵の対価を負担しないだなんて図々しい!



・・・こういう思考回路ですか?

恩恵、パトロール、草むしり、備品、市会議員、PTA、非会員についてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

『債務整理』を考えていても、中々行動に移すことができない方が多いです。 まず、「難しそう」「恥ずかしい」「ダメ人間」など漠然としたマイナスイメージがあるのではないでしょうか? 私も債務整理を依頼する前は、そのようなネガティブなイメージを持っていて抵抗感を感じていました。 しかし、何も恥ずかしいことはないし、債務整理をしたからといってダメ人間でもありません。 債務整理は、国が定めた法律で、借金の返済が困難になった人を救済し、生活を改善することを目的とした制度なのです。 現在の生活状況に応じた制度を利用することは国民に与えられた権利です。

管理人はお買い物はこちらのサイトもよく利用しています
>>楽天で探す

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この任意整理に関する質問に対する回答

下の教員を語っている人があまりにも疑わしいので。。

学校の備品は学校が買うものです

そのために予算があります



教員が、

学校の予算の確保を考えるのではなく

PTAのバザー等の収益をあてにして

学校の備品に充てようと教員が本気で思っているとは

文科省が言っているPTA会費流用問題を知らないということになります



そしてそこに

PTAからの収益を学校の備品に使う場合

全PTA会員からの了承を得ているのか?

という話の流れもあります

PTAが強制活動を保護者に押し付けている現実を知っていれば

これらの話は教員であれば知っているはずですが。。



教員がPTAの加入問題と給食費不払い問題を一緒にするなんて

本当に教員ですか?



本当に教員なのか?と思い

失礼ですが、過去の回答を読みました

この方は教員ではないと思います



ほかの方が教員がこう言っていると勘違いするので

教員を語ってもいいですが、せめて

持論ではなく知識を持って書き込んでほしいものです

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

この他にもいろいろな考え方や意見もあると思います。

当サイトでは、借金問題で苦しんでいる方々に「債務整理」を選択する勇気を持って頂き、今後の生活状況改善の役立つ情報を提供していきたいと思っております。
あなたが新しい明日へ一歩踏み出せるお手伝いができれば幸いです。

▼まずはメールで無料相談▼

>>お気軽にメールしてみて下さい

ほかにも、楽天市場でも役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

任意整理に詳しい管理人からの補足コメント




◆「少なくとも学校教育課程に絡むPTA活動は すべての児童が対象にならざるを得ない」と分かっている人、回答ください。

(「学校教育課程に絡むPTA活動でも 非会員の子は対象外。

それが当然だ」と思ってる人は回答しないで下さい。)



→むしろ非会員の子は対象外にすべきだと思っている人からの

回答を募った方が思考回路は理解できるのではないでしょうか。



恐らく私はこの質問者に何度も回答したり

長々と返信したり過去にしたかと思いますが

一貫して言えるのはその想定する相手が

どこにいるのだろうかと

(少なくとも表向きに目の前に現れるか?ということ)

感じます。



そういうPTAに関する間違った捉え方をしている人が

実際に現れた時に考えればいいと思いますがね。



それを踏まえた上で、



「・・・こういう思考回路ですか?」



→それを言っている人間もイマイチよく

自分が何をしているのか分かっていないのかと思います。

よくわからないけど、PTAに否定的なやつはけしからんとか

任意かもしれんがこれは親の義務だとか。

馬鹿だからわからないのかもしれませんよ。



どういう思考回路しているんだろうって思う事あるかもしれない

ですけれど、それって多分、

この人たちは馬鹿だから理解できないって事に

こちら側が気付く必要があるかと思います。



「なんで理解できないんだろう?どういう思考回路をしてたら

こんな結論になるんだろう?」



に対する答えは、



「そうか!馬鹿だから理解できないんだ!馬鹿だから

任意も強制も区別も差別もわからないんだ」って

こちらが気付くことだと思います。



決して馬鹿な人たちのせいではありません。

馬鹿と気付かない我々の責任かと思います。





◆必要か不必要か。難しいですね。

なくてもいんだろうけど。

PTA なんて要らないというご意見、よく聞きますね。

親はノータッチで学校の先生、全部よろしくー!っていう感じでしょうか。

たくさんの人が関わって、教育が成り立つのかなーって思う。

目には見えないし結果があるもんじゃないので

わかりづらいですよねー。

私は子ども達のためになるなら積極的にやりたいです。

そういう人が中心になってPTA も動いてるでしょ?

100人いて100人が必要ないって思うことはないって思う。

少なくとも半分以上はあっていいと思っているのでは。





◆そちらのPTAの規約を読んでいないので分かりませんが・・・。



ポイントは2つだと思います。

1PTA活動は誰を対象にしているのか

2会費は何に対して払うのか



PTA会費というものを、何のために支払っているのか

勘違いしている人が多いなといつも思います。

たぶんあなたの仰るような思考回路の保護者は、

自分の子供のために会費を払っているおつもりでしょう。

しかし本来PTA会費とは、PTAの活動に対して払っているお金です。

もし自分の子供のために払っているのではれば、

兄弟二人が学校に在籍している保護者は

通常の2倍支払う事になりますがそうじゃありませんよね?

それはPTAの行う活動に対して、一人の会員として払っているからです。



では、PTAの活動は誰を対象にしているのでしょう?

そちらのPTAの規約に「活動の対象は、PTA会員の子供とする」と

記載があるのなら、残念ながら非会員の子供は対象外となり

恩恵は受けられないことになりますが、そのような記載はないと思います。

PTAの活動は通常、その学校の生徒児童全員を対象としているはずです。



つまり、生徒が会員の子か、非会員の子かは関係ないのです。

PTAは任意加入のボランティア団体です。

加入の意志のある人が自分の意志で加入し、

その活動に対して会費を支払うのです。

会員が少なければ会費も減りますが、

その年集まった人員と予算の範疇で活動を行うべきなのです。



ボランティア団体である以上

毎年同じ会費が集まることを前提に活動をするのは無理があり、

それを防ぐために半強制の加入にさせられているのが現状でしょう。



そしてイヤイヤやらされるせいで

非会員への「ずるい」という感情が生まれる・・・

負のスパイラルですね。くだらないです。



私は、非会員の子供が特別扱いを受けることがあるとしたら

それはイジメや差別と同じだと思っています。

親同志のくだらない嫉妬で子供を傷つけるくらいなら

PTAなんて解体すべきです。





◆教員ですが、保護者の方々には様々な部分でご協力いただいているので、我々から必要か不要かという話はなかなかしないものですが、やはりどの学校で見ていても必要だと思います。



上に書かれていることでほぼPTAについての考えがまとまっておりますので、これ以上活動について書くことはありませんが、最終的には「子供のためになるかならないか」ということです。



例えばいくつかあった中で「備品がなくてもしょうがない」とか「運動会は保護者なしでも構わない」という考えは間違っているとは思いません。ただ、それは一意見ですから、全体的に見れば「自分の子供が過ごす環境はいい環境にしてほしい、したい」というのが保護者の皆様の考えだと思います。

そのためPTA活動費から少しでも子供たちのためになるものができれば出していただいたり、バザーの収益を上げてそこから子供たちに還元したりすることで、よりよい環境になります。そういう意味でもPTA活動は基本的に全ての子供たちに還るものですし、無駄になることはないと思います。



結局のところ、PTAが不要だという方が一番気にされているのは「強制」「お金」の部分だと思っています。以前にも学校に「一体お金をどう使っているのか、これが本当に必要お金なのか!?」と連絡がありました。実際PTA総会で明細は公開していますが、否定的なため総会にも出ておらずそのあたりを知らないようでした。



メディアでもPTAの強制という文言ばかりが目立ちますが、実際は役員の方の話でありそのような実態が確かにあるところもあるでしょう。ですが、子供たちに還ることを考えていけば全てが合理的ではないかもしれませんが、必要なものであると思います。





これは給食費の問題とも同じであり、各学校で払われていない子の分については「他の子の給食費の金額をもとに品数を変える」ということを行っています。そのため、払っていない子が多い学校は品数も少ないです。PTAはこれと同じ原理ではないかと考えています。

PTAに入っていなくとも恩恵は受けられますが、親が否定しているのにその子までを否定することはできません。そのため、PTAに入っていないならお前の子供は恩恵を受けるな!とは言えませんが、どういう気持ちでその恩恵を受けていらっしゃるのかと思います。

やはりお金を払っている側からすれば、払っていないのに恩恵を受けていることに疑問を持たれる方がいても当然だと思いますので、それぞれの言い分はごもっともでしょう。





◆PTAは、本来はボランティアだけど、実質は互助組合化しているため、そういう考えになる人が沢山いるんだと思いますよ。

その矛盾が混乱を生むんだと思います。

「会費」というものも、本来は「寄付」とするべきなんですけどね、

「会費」と言われたら、「会員のためのもの」と思う方が出て来てもおかしくありません。



お恥ずかしながら、私もかつてそうでした。

ボランティアと互助組合とは全く別物なんだけど。

PTAは入るのが義務という考えで生きてきたから、知らず知らず、互助組合的な論理で考えてしまっていました。



知恵袋で色々な考えを学び、改めました。



しかし、過去の自分は、無知だったというよりは、それが当たり前で来たので、疑問すら浮かばなかったって感じでしょうかね。



私は現在も、PTAは必要だと思っています。

学校、親、地域の連携は、子どもが健やかに安心して暮らすためには必要だと思うし。

その中には、環境整備や、地域との交流の意味でのパトロールなんかはあってほしいと思います。

残念ながら、私の自治体でも、予算の面で、PTA会費頼みな点もありますから。

ですから、自分の負担にならない範囲でお手伝いします。



しかし、互助組合ではなく、ボランティアである以上は、他人が必要ないというなら、強制は出来ませんから。

協力していただくことはないと思っていますよ。


任意整理とは、裁判所を通さず、債権者との交渉により借金の減額や将来利息をカットする手続きのことです。
ほとんどのケースで家族に内緒で手続きをすすめることができます。
毎月の返済額を抑えることで、無理のない範囲で返済を続けることができるメリットがあります。まずは、任意整理から考えていきましょう。
こちらのサイトも参考にしてください。

>>アストレックス司法書士事務所
>>楽天市場


茨城県高萩市にお住まいで借金問題で困っていませんか?
生活やお金などに関する相談は高萩市役所(役場)でも関連窓口があるので一度ご相談してみてはいかがですか?

高萩市の自治体の相談窓口

役場/役所名 高萩市役所(役場)
読み方 ひらがな:たかはぎしやくしょ(やくば)
カタカナ:タカハギシヤクショ(ヤクバ)
ローマ字:takahagishiyakusho(yakuba)
住所 〒318-8511
茨城県高萩市春日町3−10−16(仮設庁舎)
ひらがな:いばらきけんたかはぎしかすがちょう3−10−16(かせつちょうしゃ)
カタカナ:イバラキケンタカハギシカスガチョウ3−10−16(カセツチョウシャ)
ローマ字:ibarakikentakahagishikasugacho3−10−16(kasetsuchosha)
電話番号 0293-23-2111
エリア 関東 > 茨城県 > 高萩市
地図
HP

茨城県 高萩市で任意整理

>>【無料】まずは司法書士にご相談はコチラから

▼アストレックス司法書士事務所▼

>>アストレックス司法書士事務所



アストレックス司法書士事務所 債務整理 > 茨城県 > 茨城県高萩市で借金返済の目処が立たない方に朗報です。ひとりで悩まず、気軽に無料相談すべきです

※高萩市役所(役場)の情報は私がiタウンページなどで調査した時点のものです。(2016.10月現在)御覧頂いている時点で内容に変更があることもありますので、最終的にはご自身でご確認ください。高萩市役所(役場)とアストレックス司法書士事務所とは一切関係がありません。お借入は計画的にお願いします